次世代のECO照明 無電球ランプ Electrodeless Lamp

GOOSSEN日本正規輸入元

Seito

西都通信株式会社

tel 042-539-2766

無電極ランプシステムとは

長寿命!高効率!高演色!照明器具の革新!

点灯回路(低周波インバーター) 、誘導コイル、発光体から構成されており、誘導コイルに低周波を流し、磁界を発生させます。磁界に生じる電磁誘導によって紫外線が放出され、ランプ管内に塗布された蛍光体が可視光線に変換されて発光します。
無電極ランプは発光管内に電極を持たないため、ランプ切れの原因となる電極の劣化・折損が生じないことが特徴です。ランプ自体は半永久的に点灯可能な長寿命、高効率、高演色性の革新的なECO 照明です。
2020年問題にも対応できる低水銀特に環境に厳しいEUのRoHS指令にも適合しており水銀含有量が低く、水銀含有量が低くなっています。
2013年に採択された「水銀に関する水俣条約」に基づき、2020年以降、製造、輸出及び輸入が禁止となる種類・用途のランプにも当てはまらず、規制対象とはなりません。

低水銀で2020年問題にも対応。

水銀含有量が低く、特に環境に厳しいEUのRoHS指令にも適合しており、
2013年に採択された「水銀に関する水俣条約」に基づき、2020年以降、製造、輸出及び輸入が禁止となる種類・用途のランプにも含まれず、規制対象とはなりません

水銀に関する水俣条約

「水銀条約」は「水俣条約」とも呼ばれ、正式名称は「水銀に関する水俣条約」といいます。
水銀および水銀化合物による地球規模汚染や、それによって引き起こされる健康、環境被害を防ぐため、国際的に水銀を管理することを目指すものです。
今回の合意では、水銀を使用する製品も規制対象となり、ランプに関しては、2020年以降、一定以上の水銀量を有するもの等についての製造、輸出入を禁止とする内容となっております。

水銀に関する水俣条約
低周波無電極ランプの構造図

西都通信の無電極ランプ事業

日本正規輸入元の安心!

電球イメージ

西都通信の取り扱う無電極ランプは、韓国Goossen社製。無電極ランプの製造・開発においては、世界最先端を走っております。
当社はGoossen社の正規輸入元として、万全の体制で製品を取り扱っておりますので、安心してお取り引き頂けます。

無電極ランプのメリット・デメリット比較

無電極ランプ導入をご検討の際、
是非参考にしてください。

<メリット>

  • 圧倒的な長寿命(LEDの約1.5倍以上・水銀灯のおよそ5倍以上)
  • 非常に優れた省エネ効果
  • 瞬時点灯が可能(繰り返しても寿命に影響はなし)
  • 低温域でも性能が低下しない安定性
  • 水銀などの有害物質が非常に少なく、環境にやさしい
  • 紫外線の放出量が非常に少なく、虫を寄せ付けにくい
  • 従来の電球とは比べものにならないほど、少ない発熱量
  • 演色性が高いため、自然な色できれいに見える
  • ちらつき(グレア)が少ないため、目にやさしい

<デメリット>

  • ランプから安定器までの距離に制限がある。
  • ランプと安定器は同一メーカーの製品でなければ長寿命が
       期待できない。
  • 一般家庭向けの照明ではない。